トップページ > 注文太郎 > 注文太郎システム導入事例
androidオーダリングシステム 注文太郎

導入事例・活用イメージ
事例①セルフ型飲食店にて

導入内容:注文太郎タッチレジ版

Point1.タッチで直観的に操作
POSはおろかパソコンにも触ったことが無いスタッフが多く使用・操作面で不安でしたが、画面を見て直感的にボタンが押せて 操作ができるタッチ式なので早く操作に慣れてもらえました。
Point2.会員制に完全対応
ほぼ完全会員制での営業なのですが、お客様が会員証を忘れたりした場合の対応操作も、非常に簡便化された操作のおかげで 対応できています。不慣れなスタッフが多いので助かっています。
Point3.予約の対応も楽々!
お店の性質上予約が多いのですが、予約受付登録、管理も一覧化されており、 お客様の来店時の処理も、本日の予約予定一覧からワンタッチでオーダー画面~会計まで 進めるのでお客様をお待たせしません。
Point4.支払方法、金額を間違えない。
会計画面で清算方法をクレジットで指定されても、ワンボタンで金額ごとクレジット支払を指定できますので 会計額を打ち間違える事がありません。また、現金クレジット併用や、グループ内個別清算での個別支払方法 指定などもほぼ同一の操作の流れで行えるので混乱がありません。
Point5.データ受け渡しが自由。
集計したほぼ全ての実績データをcsvファイルで出力できるので、既存の別システムに定期的に取り込んで合算でき、 経理上も非常に助かっています。

事例②サービス型飲食店にて

導入内容:注文太郎タッチレジ+タブレット版

Point1.楽々オーダー!
今までホールスタッフを呼んでからオーダーする必要があったのですが、タブレットで直接思い思いにオーダーを する事ができるので、受注数が上がりました。
Point2.メニューの変更が楽々!
キャンペーンなどで価格変更や新規メニューの追加等、端末を通じて1回設定するだけで他の端末でも使用できるように なるので楽です。キャンペーンページも画像素材で1回アップすればタブレットで表示されるので手間も省けます。
Point3.予約の対応も楽々!
なにかハプニングがあって店員を呼びたい場合も、画面上のボタン一つで呼び出しができるので サービスコールシステムの代りにもなります。画面一つの中にすべてが収まってくれています。

事例③ホテルレストランにて

導入内容:注文太郎タッチレジ+ハンディ版

Point1.楽々オーダー!
自由に商品を登録、配置できるので使い勝手が良いです。
オーダーも即時に伝票出力されるので繁忙時間にストレスなく運用できています。
Point2.手に馴染む!
日頃使っているスマホなので、操作が直感的でしっくりきます。
タッチするボタンのサイズも今までの専用品に比べ大きく、操作しやすいです。
Point3.連携も!
施設の性質上朝食は掛販売が主体なのですが、今まで後追い・手作業で行っていた部屋番号への 関連付けが来店時に登録でき、自動で集計されるので作業効率が大幅に上がりました。

事例④居酒屋店にて

導入内容:注文太郎タッチレジ
+タブレット版+ハンディ版

Point1.運営が楽!
その日の仕入れで決まる日替わりメニューがあるのですが、今まで手書きで書いていたのをレジで 入力するだけでタブレットに反映されるのでとても楽になりました。
Point2.お待たせしない!
各テーブルにスタッフが注文に伺っていると繁忙時にはどうしてもお客様をお待たせしてしまうことがあったのですが、タブレットで注文されるのでお待たせする事が無くなりました。
オーダー伝票には通し番号も記載されるので提供順番の間違えもありません。
Point3.団体様も効率的に!
団体様が複数のテーブルに分かれて着座される場合でも、会計はワンタッチで合算出来るので楽です。 配膳先も個々のテーブル番号のままで使用できるので誰が頼んだ?的な事が無くなりました。

注文太郎は規模の大小・運用形態問わずご導入頂けます。

注文太郎動画説明


お気軽に資料請求、無料お試し版でお確かめ下さい。
株式会社メディア九州
0942-48-2223
「注文太郎の件で」と、お問い合わせ下さい。

機能紹介

お問い合わせ

料金

サポート

システム構成例

シリーズ仕様

よくある質問

導入事例