> > > 2次元バーコードリーダーXenon1900GHD(USB接続タイプ)
製品詳細ページ
  お買い物カゴを確認する

2次元バーコードリーダー Xenon1900

【画像クリックで拡大します。】

2次元バーコードリーダー Xenon1900 2次元バーコードリーダー Xenon1900 2次元バーコードリーダー Xenon1900

【5台セットはこちら】
【10台セットはこちら】

 


2次元バーコードリーダー
Xenon1900GHD(USB接続タイプ)

通常価格:75,800円

            

特別価格:
37,800円(税込)




カラー


※発注後2〜3営業日で入荷・出荷準備可能
※メーカーの在庫切れ等により、1週間以上の
納期がかかる場合はメールにてご連絡致します。


お買い得な5台セット お買い得な10台セット



 製品の特長

製品の特長


業界トップクラスの読み取り性能を誇る、高性能2次元バーコード
リーダー登場!最速移動読み取り 6.1m/秒!(UPC 100%)


Xenon(ゼノン)1900は非常に軽量なボディ(本体147g)と新型エンジンの搭載により、作業者の負担を軽減しました。各種シンボルを360°全方向から高速読み取り可能で、業務の効率化をお手伝いします。HDタイプの1次元バーコード分解能はなんと0.076mmを実現!

▼最速移動読み取り 6.1m/秒!(UPC 100%) 
  ダメージコードやOCRフォントの読み取りも抜群

  新開発された838×640ピクセルのCMOSセンサーは6.1m/秒(  
  UPS100%)の高速読み取りを実現。手振れ防止や移動体認識に
  非常に優れ、1次元・2次元シンボルやOCRの読み取りを非常に高
  速に行なうことが可能です。
  印刷品質の悪いコードだけでなく、カスレや擦れ等によってダメー
  ジを受けたコードにも抜群の読み取り性能を発揮します。

  ※OCRフォント読み取りはオプション(別売)となります。
    お問い合わせください。
  ※アプリケーションにより、開発が必要となる場合があります。

▼高画質なデジタル画像の取得が可能 多彩なデータ処理
  高画質なデジタル画像の取得にも優れており、バイナリ、TIFF、
  BMP、JPEG等で出力可能です。
  また、撮影した画像をトリミング、明度、回転、エッジの抽出などを
  行なってから出力可能ですのでトレーサビリティに必要な画像をバ
  ーコードの読み取りと共に簡単に撮影していただけます。
  光学系はアプリケーションに合わせて焦点の違うHD、SR、ERの3タ
  イプをご用意しています。

▼優れた堅牢性
  Xenon1900の重量はわずか147g。104×71×160mmのコンパク
  なボディは長時間使用におけるオペレーターの負担を軽減します。
  品質と堅牢性に優れたソリッドステートデザインの採用により、
  1.8mからコンクリートへの50回の落下に耐える安心構造ですので
  製造現場や医療現場でも長期間安心してお使い頂けます。

▼ソフト不要で日本語入りのQRデータを送信(別売)
  別売の漢字送信オプションを付加することで100文字までの
  日本語入りQRコードデータを送信できます。
  ※別途お問い合わせください。
製品の特長

製品の特長

製品の特長



 機能の紹介

接続・操作方法 1.接続・操作方法
 読み取りを行う前に、Xenon1900をパソコンに接続します。
 パソコンのUSBポートにXenon1900を接続するとビープ音が
 鳴り、電源が入ります。

接続・操作方法
@本体の上側にあるボタンを押すと、読み取りウインドウから光
  が出て読み取り可能な状態になります。
A光をバーコードに当てると、読み取りが行えます。
  色の光の中にバーコード両端までが入るようにして下さい。
  読み取りに成功するとビープ音が鳴り、光が消えます。

※読取り完了は視認しやすいLEDとビープ音で確認できます。
※スキャン設定で便利な常時読み取り(オートスキャン) など
  を簡単に設定できます。

※読み取りの性能はバーコードの細密さ・印刷精度・印刷色・
  周りの明るさ(明るすぎると読み取りにくい場合があります。)
  などに左右されるため、細かすぎる、印刷精度が悪いなどの
  理由で読み取れない場合があります。

設定変更について 2.設定変更について
 ・日本語設定マニュアルが付属し、「設定開始」→「設定した
  い項目」→「設定終了」の順でバーコードを読み取るだけで
  簡単に設定を変更できます。
 ・バーコードの規格(JANコード・NW-7・ISBNといったバーコ
  ードの種類)ごとに読み取りを行う/行わない設定、読み取
  り桁数の設定等ができます。
 ・変更した設定はバーコードリーダー本体に保存されるため、
  パソコンから取り外したり、パソコンの電源を切ったりしても
  設定の内容が消えることはありません。
 ・初期設定で一般的なバーコードは一通り読み取りできるよ
  うになっていますので、特殊な使い方をしない場合は、特に
  設定を変更する必要はありません。


その他
3.その他
 ・バーコードリーダーで読み取ったデータは、パソコン側で
  はキーボードから入力されたものとして処理されるので、
  キーボードで入力のできるアプリケーション上にならどこに
  でも入力することができます。
 ・Excelであれば、アクティブになっているセルに入力され、
  Word、メモ帳等であれば、カーソルがあるところです。
 ・初期設定では、バーコードのデータが入力された後に
  Enterが入力されます。(改行コードと呼びます)
 ・Excelではアクティブセルが下に移動し、Wordやメモ帳等
  では改行されます。
 ・この改行コードは設定を変更することでSpace・TAB等に 
  変更できます。(改行コードをなしにすることもできます)
 ・また、読み取ったバーコードデータの前後に決まった文字
  ファンクションキー(EnterやTABなど)を付加するように設
  定することもできます。

 詳細スペック
インターフェース  USB
照明 LED  617 nm ± 18 nm
スキャン角度  HD(高密度)   焦点:水平41.4°  垂直 32.2°
 SR(標準レンジ) 焦点:水平42.4°  垂直 33°
 ER(拡張レンジ) 焦点:水平31.6°  垂直 24.4°
最小シンボル
コントラスト
 20%
スキュー角  ±65°
ピッチ角  ±65°
読取可能
移動速度
 6.1m/秒 (UPC 100%)
本体サイズ  (L)104mm x (W)71mm x (D)160mm
重量  147g(ケーブル含まず)
電源  4VDC〜5.5VDC
消費電流  動作時 2.3W(450mA@5VDC)  待機時 0.45W(90mA@5VDC)
防塵防滴性能  IP41
動作温度  0℃〜50℃
保管温度  -40℃〜70℃
湿度  0%〜95%(結露なきこと)
衝撃  1.8m(コンクリート上に50回落下させた後、正常に動作)
周囲照明  0〜100,000 lux(太陽光下)
規格  FCC Part 15 ClassB, CE
安全  LED Eye Safety IEC60825-1
2次元  PDF417, Micro PDF417, MaxiCode, Data Matrix, QR Code, Micro QR,
 Aztec Code, GS1 DataBar(RSS/RSS 合成シンボル)
1次元  Code 39, Code 128, Codabar, UPC, EAN, Interleaved 2 of 5,
 Codablock,GS1-128(UCC/EAN-128), GS1 DataBar, Code 93
 and 93i
その他  各国 POST code
OCRフォント
(オプション)
 OCR-A, OCR-B



▲ページ先頭に戻る