> > > レーザーバーコードリーダー1200g(USB接続タイプ)
製品詳細ページ
  お買い物カゴを確認する

レーザーバーコードリーダー 1200g

【画像クリックで拡大します。】

レーザーバーコードリーダー 1200g レーザーバーコードリーダー 1200g レーザーバーコードリーダー 1200g

※専用スタンドはオプションです。
 
レーザーバーコードリーダー
1200g(USB接続タイプ)

通常価格:39,800円

            

特別価格:
24,000円(税込)



カラー

※発注後2〜3営業日で入荷・出荷準備可能
※メーカーの在庫切れ等により、1週間以上の
納期がかかる場合はメールにてご連絡致します。



    【5台セットはこちら】
    【10台セットはこちら】


 製品の特長

製品の特長
分解能0.088mm!低品質のダメージバーコードに
対しても優れた読み取り性能を発揮!


Voyager(ヴォイジャー)1200gは、物体検知機能、自動スタンド検知機能の強化は勿論、何よりも読み取り性能に注力して開発されたハン ドレーザースキャナーです。印字精度の低いもの、色褪せたバーコードやダメージバーコードの読み取りに抜群の性能を発揮し、作業の効率化をサポートします。

▼軽快な操作性
人間工学に基づいたボディ設計と、作業性を重視したオリジナ
ルデザインは長時間の作業でもストレスなく運用できます。
非常に見やすい鮮明なエイミング(照準)ラインで小さなバーコ
ード読み取りや長時間の作業でもストレスなく運用できます。

▼クラス最高のプレゼンテーションハンズフリーモード
スタンドに置くだけで赤外線センサーがバーコードをすばやく検知し、自動的にトリガーをオンにして読み取りを行ないます。
バーコードの検知機能は2つの深度がメニューで設定可能です。POS等のカウンター業務で抜群の操作性を発揮します。

▼CodeGate機能搭載 Honeywell特許
読み取りたいシンボルにレーザーを照射してからトリガーを引くことでバーコードを読み取るCodeGate機能。バーコードの密集する環境下 等で抜群の操作性を発揮します。

◎キーボードエミュレーションで認識するのでドライバー不要で
  すので、特別な設定も必要なく、接続するだけですぐに使用
  できます。
◎製品付属の設定マニュアルは、完全日本語版です。
◎ISBNや新雑誌コードの読み取り設定・読み取り後に出力する
◎改行コードの設定等は、付属のマニュアルで簡単にできます。
製品の特長
製品の特長



 機能の紹介

接続・操作方法 1.接続・操作方法
 読み取りを行う前に、1200gをパソコンに接続します。
 パソコンのUSBポートに1200gを接続するとビープ音が
 鳴り、電源が入ります。
接続・操作方法

@本体の下側にあるトリガーボタンを押すと、読み取りウインド
  ウから光が出ます。

A光をバーコードに当てると、読み取りが行えます。
  光の中にバーコードの両端までが入るようにしてください。
  読み取りに成功するとビープ音が鳴り、光が消えます。
  トリガーをもう一度押せば連続して読み取りが可能です。

※読み取り完了は視認しやすいビープ音で確認できます。


読み取り距離について


2.読み取り距離について

 ・読み取り距離は最大で36.7cmです!
 ・最少分解能は0.088mm

※理論値であり、読み取りの性能はバーコードの細密さ・印刷
  精度・印刷色・周りの明るさ(明るすぎると読み取りにくい場
  合があります)などに左右されるため、細かすぎる、印刷精
  度が悪いなどの理由で読み取れない場合があります。

設定変更について 3.設定変更について
 ・日本語設定マニュアルが付属し、「設定開始」→「設定した
  い項目」→「設定終了」の順でバーコードを読み取るだけで
  簡単に設定を変更できます。
 ・バーコードの規格(JANコード・NW-7・ISBNといったバーコ
  ードの種類)ごとに読み取りを行う/行わない設定、読み取
  り桁数の設定等ができます。
 ・変更した設定はバーコードリーダー本体に保存されるため、
  パソコンから取り外したり、パソコンの電源を切ったりしても
  設定の内容が消えることはありません。
 ・初期設定で一般的なバーコードは一通り読み取りできるよ
  うになっていますので、特殊な使い方をしない場合は、特に
  設定を変更する必要はありません。


その他
4.その他
 ・バーコードリーダーで読み取ったデータは、パソコン側で
  はキーボードから入力されたものとして処理されるので、
  キーボードで入力のできるアプリケーション上にならどこに
  でも入力することができます。
 ・Excelであれば、アクティブになっているセルに入力され、
  Word、メモ帳等であれば、カーソルがあるところです。
 ・初期設定では、バーコードのデータが入力された後に
  Enterが入力されます。(改行コードと呼びます)
 ・Excelではアクティブセルが下に移動し、Wordやメモ帳等
  では改行されます。
 ・この改行コードは設定を変更することでSpace・TAB等に 
  変更できます。(改行コードをなしにすることもできます)
 ・また、読み取ったバーコードデータの前後に決まった文字
  ファンクションキー(EnterやTABなど)を付加するように設
  定することもできます。

 詳細スペック
インターフェイス  USB
照明  645 nm 〜 660 nm 可視光レーザー
分解能  0.088mm
最小シンボル
コントラスト
 10%
スキュー角  60°
ピッチ角  60°
スキャン速度  100スキャン/秒
本体サイズ  (L)180mm x (W)66mm x (D)97mm
重量  125g(ケーブル含まず)
電源  5VDC ±5%
消費電流  動作時 700mW(140mA@5VDC)
 待機時 350mW(70mA@5VDC)
防塵防滴性能  IP42
動作温度  0℃〜50℃
保管温度  -20℃〜60℃
湿度  0%〜95%(結露なきこと)
衝撃  1.5m(コンクリート上に30回落下させた後、正常に動作)
周囲照明  0〜70,000 lux
規格  FCC ClassB, CE
安全  IEC60825-1
対応コード

 JAN13、JAN8、アドオンコード、EAN13/8、 Code128&GS1-128(旧
 UCC/EAN128)、Code39、UPC-A、UPC-E、 Codabar(NW-7)、
 ITF(インターリーブド 2of5)、 Code11、Code93、RSS、Codablock、
 Matrix 2of5、Standard 2of5、インダストリアル 2of5 、GS1 DataBar 

対応OS  Windows98,Me,2000,XP,Vista,7(Macはサポート外)

▲ページ先頭に戻る