> バーコードリーダーの種類と特徴
バーコード辞典
バーコードの種類と特徴バーコードリーダーの種類と特徴バーコードの豆知識バーコードリーダーの選び方
バーコードリーダーの種類と特長

 バーコードを光学的に読み取る装置をバーコードリーダー(バーコードスキャナ)といいます。 以前1台が20〜30万円もする時代も
 ありましたが、最近では5,000円を切るバーコードリーダーも出ています。
 それぞれ特長があるので十分吟味の上選択してください。選択のポイントてして大きくは読取り方法とパソコン等への接続方法の
 2つが問題になります。

 ▼パソコンへの接続方法(インターフェイス
  ・RS232Cタイプ  (PCのCOMポートを使用)
  ・PS/2タイプ    (PCのPS/2キーボード端子を使用)
  ・USBタイプ     (PCのUSB端子を使用)
  
  以上に分けられます、最近では「RS232Cタイプ」「PS/2タイプ」は一般的でなくなりました。RS232CのCOMポートに
  いたってはPC自体に標準装備されなくなっています。
  今後は「USB」に差し込めばそのままキーボード入力の代わりになる「USBタイプ」がますます主流になると考えられています。
  
 ▼読み取り方式
  ・ペンリーダー
  ・CCDタッチリーダー
  ・ロングレンジCCDリーダー
  ・レーザースキャナー(レ−ザー式バーコードリーダー)
  ・2次元バーコードリーダー
  ・定置式バーコードリーダー   

  その他に各種ありますが、以下に代表的な6種類をご紹介します。

▼ペンリーダー
ペンリーダー

CCDタッチスキャナやレーザスキャナなどはセルフスキャン方式(バーコードリーダが自分でスキャニングする方式)を採用していますが、
ペンリーダーは人間が手を動かしてスキャンニングします。
ペンリーダーは手で操作しますので、スキャンする速度が人によって、また馴れによって、初速度と最終速度の変化などの人為的要因
などで読み取り信頼性は変化します。

◆ペン型でおすすめのバーコードリーダーはこれ!

ペン型バーコードリーダー WD-100 MD508 ペン型バーコードリーダー
MD508(USB接続タイプ)
- 8,640
詳細





▼CCDタッチリーダー
 

CCDタッチリーダー      CCDタッチリーダー

CCDタッチリーダーは、「タッチ(接触)」させて読み取る使い方からこのように呼ばれています。海外ではCCDリニアバーコードスキャナ
やコンタクトCCDバーコードスキャナとも呼ばれています。
読み取り口をバーコードに接触させ読ませます。基本的には離し読みはできませんが、ものによっては「20〜150mm」距離でも読める
製品もあります。
読み取り幅は、「読み取り窓」の幅以内に制限されます。

◆CCD型でおすすめのバーコードリーダーはこれ!

CCDバーコードリーダー SD-100 SD120 CCDバーコードリーダー
SD120 (USB接続タイプ)
2,970
詳細





▼ロングレンジCCDリーダー


ロングレンジCCDリーダー

ロングレンジCCDバーコードリーダーは、広範囲(ロングレンジ)な読み取りを実現する使い方からこのように呼ばれています。
バーコードとバーコードリーダーの距離をとり、読み取り窓から投光する赤色光をバーコードにあてて読ませます、製品によって異なりま
すが、「2〜20cm」くらい離して読ませます。通常の読み取り幅は約15cmまでが限界です。

◆ロングCCD型でおすすめのバーコードリーダーはこれ!

ロングレンジCCDバーコードリーダー SG100 SG100 ロングレンジ
CCDバーコードリーダー
SG100(USB接続タイプ)
- 10,000
詳細





▼レーザースキャナー
 

レーザースキャナー

   
レーザースキャナは、光源の可視光半導体レーザーからこのように呼ばれています。レーザー式バーコードリーダーとも呼ばれます。
レーザースキャナは読み取り窓の内側に光源のレーザーダイオードがあり、バーコードを照射します。
レーザーは直進する光のため、電磁石などにより軸のついた鏡を振ってレーザーを左右に投光し、投光したレーザーをバーコードにあて
ることで、反射光をレンズにより集光して読み取っています。

操作方法は、ロングレンジCCDリーダーと同じでバーコードとバーコードリーダーの距離をとり、読み取り窓から投光する赤色光をバーコ
ードにあてて読ませます、製品によって異なりますが 「2〜20cm」くらい離して読ませます、最近では製品により接触読み取りも可能な
機種も出てきています。
軸のついたミラー(反射鏡)を振ってレーザーを左右に投光しているので。衝撃を受けると動作不良となる場合があります。


◆レーザー型でおすすめのバーコードリーダーはこれ!

MD200+ MD200+ レーザーバーコードリーダー
MD200+(USB接続タイプ)
13,650
詳細





▼2次元バーコードリーダー
 

2次元バーコードリーダー

2次元バーコードリーダーは、2次元コードを読み取るのでこのように呼ばれています。2次元バーコードスキャナ、2Dスキャナ、2Dイメージャーなどとも呼ばれます。
受光センサーは、縦方向と横方向で検知できる画像センサー(CMOSなど)を使用しています。これにより対象のバーコードを水平方向
の直線ではなく面として撮像することが可能になり、縦と横に情報をもつ2次元バーコード(例えばQRコード)を認識することができるわけです。
操作のしかたはロングレンジCCDリーダーと同じでバーコードとバーコードリーダーの距離をとり、読み取り窓から投光する赤色光をバ
ーコードにあてて読ませます、製品によって異なりますが 2〜20cmくらい離して読ませます。
大半の製品は2次元だけでなく1次元バーコードも読めます。


◆2次元型でおすすめのバーコードリーダーはこれ!

IG700 IG710 2次元バーコードリーダー
IG710(USB接続タイプ)
35,800
詳細





▼定置式バーコードリーダー


定置式バーコードリーダー定置式バーコードリーダー

バーコードをかざすだけで読み取りができ、両手を使う作業もスムーズに可能です。
定置式バーコードリーダーは「ロングレンジCCDリーダー」「レーザースキャナー」「2次元バーコードリーダー」等を専用スタンドに固定したものです。
製品によっては、全方位スキャンでバーコードの向きを気にせず読み取りができるものがあります。


◆定置型でおすすめのバーコードリーダーはこれ!

定置式バーコードスキャナ Mica MD5080
NEW!
定置式バーコードリーダー
MD5080(USB接続タイプ)
QRコードや1次元の
縦縞コードに対応
- 26,800
詳細