> バーコードの豆知識
バーコード辞典
バーコードの種類と特徴バーコードリーダーの種類と特徴バーコードの豆知識バーコードリーダーの選び方
バーコードの豆知識

1:バーコードの選びかた

どのバーコードの種類を利用するか、選択するのに参考となるポイントをいくつか紹介します。
バーコードの種類はいろいろありますが、一般的によく使われているのはJAN、CODE39、NW-7、ITFです。
POSシステムでバーコードを利用する時は、ほとんどの場合にJANコードが使われています。JANは桁数が8または13桁の固定で、プリンタに高い印字性能が要求されることから、工業分野や一般的な分野であまり利用されません。
その他のシステムでバーコードを利用する場合、まずバーコードでどんなデータを表わすのかを考えます。アルファベットが含まれるならCODE39を選びます。数字だけならCODE39、NW-7、ITFなどを選択することになります。

次にバーコードを印字するスペースがどのくらいあるか測ります。バーコードの長さは、細バーの幅、桁数、細バーと太バーのの比率によって決まります。マージンの長さを含めたバーコードの長さを求め、印字したいスペースに入りきるかどうか試して下さい。ただし、
プリンタの印字精度があまり高くない場合(ドットプリンタやインクジェットプリンタなど)は、細バーの幅を広くとる必要があります。

バーコードの誤読率はITFがもっとも高く、CODE39が最も低くなります。印字したいスペースにバーコードが入りきらない場合は、
CODE39、NW-7、ITFの順に印字スペースに収まるバーコードを探してみます。しかし、バーコード読み取りの正確さが要求される場合には、できるだけCODE39もしくNW-7の利用をお奨めします。


2:バーコード印刷のしかた


ソースマーキング(メーカーによりすでにバーコード印刷済)されたものを読ませる場合、印刷の必要はありませんが、独自にバーコード印刷するには次の方法があります。

 ・テプラ(ラベルライター)で印刷
 ・Excelで印刷
 ・Acsessで印刷
 ・フリーソフト、シェアーソフト等をダウンロードして印刷
 ・専用ラベラーで印刷
 ・印刷屋さんで印刷

以上の方法がありますが、プリンタの印字精度があまり高くない場合(ドットプリンタやインクジェットプリンタ等)は、細バーの幅を広くとる必要があります。レーザープリンターや熱転写プリンターがより印字精度の高いバーコードになります。




3:バーコードリーダーの接続方法

USBタイプの場合、接続は本当に簡単です。
パソコンを起動してWindowsのデスクトップが表示されている状態から操作を行います。バーコードリーダー(USBポートを使って接続するタイプ)をパソコンに接続して、このパソコンで利用できるように設定してみましょう。



パソコンのUSBポートにバーコードリーダーの接続プラグを差し込みます。


バーコードリーダーをパソコンのUSBポートに差し込むと、OSが自動的にドライバを検出してインストールするために、別途に専用ドライバをインストールする必要はありません。
※一部の機器ではCD等からドライバインストールが必要なものがあります。(特に2次元バーコードリーダー)



4: ソースマーキングとインストアマーキング

食品や雑貨などの包装段階で商品パッケージにメーカーが直接印刷したバーコードをソースマーキングといいます。ソースマーキングは、JAN8/13で世界的に統一されたコード体系をしています。

これに対して、インストアマーキングは小売業などの社内用商品コードとして、ソースマーキングされていない商品に利用するプライベートなコードです。インストアマーキングに用いられるコード体系は、原則として各小売業者によって自由に設定できます。しかし、インストアマーキングされた商品もソースマーキングされた商品と同じスキャナで読み取られます。そのため、インストアマーキング用のシンボルも、多くの場合JANが利用されています。

また、インストアマーキングにJANを用いる場合は、ソースマーキングと区別をつけるために、国コードの部分は02、もしくは「20〜29」の間の2桁を用います。データの桁数は、ソースマーキングと同じく、13桁の標準タイプと8桁の短縮タイプの2種類になります。どちらのタイプも最後の1桁は必ずチェックデジットになります。

      ソースマーキング               インストアマーキング



5:チェックデジット


■JANコード(標準タイプ13桁)の事例

チェックデジット計算方法は以下の通りである。
例えば、JAN企業コード"456995111"、商品アイテムコード"617"の商品があったとすると、そのチェックデジットは、
次のように計算される。

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。

  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"121"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"1"を引き算した答えの"9"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")

■JANコード(短縮タイプ8桁)の事例

チェックデジット計算方法は以下の通りである。
例えば、JAN企業コード「491234」、商品アイテムコード「5」の商品があったとすると、そのチェックデジットは、次のように計算される。

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。

  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"54"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"4"を引き算した答えの"6"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")

■集合包装用商品コード(ITFコード)(14桁)の事例

チェックデジットの計算方法は以下の通りである。
例えば、インジケータ"1"、JAN企業コード"456995111"、商品アイテムコード"617"の段ボール商品があったとすると、そのチェックデジットは、次のように計算される。JANコードのチェックデジットの計算式と同じである。

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。

  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"124"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"4"を引き算した答えの"6"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")

■UPCコード(12桁)の事例

チェックデジットの計算方法は以下の通りである。
例えば、UPCの企業コード"0614141"、商品アイテムコード"1234"の商品があったとすると、そのチェックデジットは、次のように計算される。

求めるチェックデジットを1桁目として右端から左方向に「桁番号」を付ける。

  1. すべての偶数位置の数字を加算する。
  2. 1の結果を3倍する。
  3. すべての奇数位置の数字を加算する。
  4. 2の答えと3の答えを加算する。
  5. 最後に"45"の下1桁の数字を"10"から引く。この場合は"10"から"5"を引き算した答えの"5"がチェックデジットである。
  6. 下1桁が"0"となった場合は、チェックデジットはそのまま"0"となる。
    ("0"の場合は"0")










▲ページ先頭に戻る